水耕栽培で種をまく方法とは?

土を使わずに植物を育てることができる水耕栽培は、土いじりが苦手な若い女性にも人気のガーデニング方法になります。室内に置くこともできますし、生活に緑を加えたいという人にはおすすめです。水耕栽培で種をまく時は、大切なポイントと言われています。まず種をまく時には、栽培する層の部分に、バーミキュライトなどの培地を入れなければなりません。培地がないと、苗を支えることができませんので、苗を支えるための土台である培地は用意するようにしましょう。また種をまくときには、少し培地を湿らせておいた方がよいでしょう。まく種の数は、水耕栽培を行う容器によって異なりますが、ペットボトルなどの小さい容器で栽培する場合には、1本に育つ苗は1本になります。苗が大きくなってしまうと、ペットボトルでは窮屈になってしまうこともありますので、その時には少しずつ間引きしていくとよいでしょう。種の発芽率によってまく種の数は異なりますが、7~8粒蒔けば十分に育つでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加